うつ病かもしれないと感じたら病院でしっかり検査を行おう

うつ病検査guide

症状を知る

先生

昔からうつ病患者はいますが、最近は若い人でもうつ病になるケースが多くなってきています。
いつもやっていることがだんだん億劫になってきた、やる気が出ないなどの症状を訴える人がいます。
これはもしかしたら、うつ病のサインかもしれません。
自分の症状を見逃さず、どこかいつもと違うなど、気づくように心がけましょう。

どういった症状がうつ病のサインなのか紹介します。
自分も当てはまるかもしれないと思った人は、早めに病院を受診して検査を行うことが大切です。
まずは朝。いつも読んでいる新聞を読まなくなったり、読む気が起きなかったりすることがあるという症状。
それから仕事に遅刻をするようになる、集中できない、やる気が起こらない、ちょっとしたミスをいつまでも悩んでしまうといったこともあります。
今までの性格では、ちょっとしたミスをしてもクヨクヨせずによし、頑張ろうと思えたはず。でも最近はどうしてもそう思えない。
こういった変化が起きている人も、もしかしたらいるかもしれません。
また女性特有の症状としては、化粧や服装、髪型など身だしなみを整えなくなった、今まで頑張っていた家事をする気力がなくなったなどが挙げられます。
これまでできていたことができなくなる、やる気が起きなくなるといったことは、うつ病のサインです。
まさか自分がうつ病にかかるはずない、と油断してはなりません。
自分の症状が気になったら、しっかりと病院で検査を受けるようにしましょう。

病院で診断

自分で感じる、または家族や友人、職場の人からうつ病じゃないかと言われたら、まずは検査を受けるようにしましょう。本当にうつ病だったらどうしようと一人で悩むのではなく、しっかりと相談して治療を行うことが大切なのです。

詳細を読む

治療をする

病院で検査をしてうつ病と診断されたら、早めの治療を受けましょう。薬物療法や休養などで治療を行い、うつ状態から抜け出せるようにします。少しずつ社会復帰できるよう改善していきましょう。

詳細を読む

それぞれの種類

うつ病には種類があります。高齢者などに多いとされていましたが、現在では若い人にもうつ病患者が多くなってきているのです。気持ちや考え方がいつもと少し違うと感じたら、自分で調べて検査を行ってみましょう。

詳細を読む

↑ PAGE TOP